七夕、織姫彦星に会えましたか?

織姫と彦星が1年でこの日だけ会える日…

なんかメルヘンチックなお話しですが、調べてみると驚愕な説が

織姫と彦星は恋人同士じゃない

「昔むかし天の帝に織女と言う美しく芸妓にすぐれ、毎日機を織って暮らす娘がいました。そして牽牛(けんぎゅう)と言う農耕に励む働き者の青年がいました。二人は結ばれ夫婦となりました」

働き者の娘さんと、働き者の青年……。なんていいカップルや! と思いきや、二人は遊んでばかりで、織姫は機を織らなくなり彦星は牛を追わなくなってしまった。怒った天帝は2人を天の川を隔てて引き離し、年に1度、7月7日だけ会うことを許しましたとさ。……というのが、大まかな七夕伝説の流れである。

ロケットニュース参照

Instagramから投稿した画像

七夕、織姫彦星に会えましたか?

七夕、織姫彦星に会えましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です