幸せは人それぞれで底なしなんだよね。

本を読んで思わされてしまった。

結論、これが全てだと思った。
幸せのハードルが高すぎた。
もう少し下げ、今が幸せと思ったら高揚感、多幸感が湧いてくるかもしれない。
幸せに対して人間は底なしだから、もっともっと、確かに必要だが、調度いいなーってところがそこが一番いいところ、と考えさせられた最後の締めの文章、これに尽きる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です